サービス開始日の新快速「Aシート」に乗ってきた

2019年3月16日にサービスが開始された新快速「Aシート」に乗ってきました。

新快速「Aシート」とは

JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線で運転される有料座席サービスです。


JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線で、有料座席サービス 新快速「Aシート」を開始し、網干・姫路~野洲駅間で毎日上下4本運転します。通勤時間帯のほか、昼間や深夜にも運転し、通勤・通学やおでかけなどで便利な「新快速」をさらに快適にご利用いただけます。


有料座席サービス 新快速「Aシート」

定員は46名で、500円の着席料金が必要です。

実際に乗ってみた

乗ったのは、19時28分野洲発のJR琵琶湖線新快速姫路行です。

乗車場所
始発だから誰も乗ってないAシート

ドアが開いた瞬間、一斉に乗り込みます。初日のため、鉄道ファンが40人ぐらいが並んで待っていました。

シート
テーブル付き

購入した乗車整理券をここに入れます。

電車が動いてから少しして、乗車整理券の販売が始まりました。車掌が席をまわってきます。支払いは現金かICOCAなどのICカードのみです。

乗車整理表

購入した乗車整理券を、ポケットに入れます。

しばらくすると、立席エリアがかなり混み始めました。

実際に乗ってみて

正直、Aシートの必要性を感じませんでした。

そもそも、この時間帯の新快速はそこまで混んでいません。
この電車の一本前にきた電車はこんな感じ。

ガラガラの車内

ガラガラです。

これなら、わざわざ500円払う必要があるのか疑問です。(京都とか大阪では混んでるかもしれないけど)

あと、この日は鉄道ファンがいっぱいいたので、Aシートに座っているとかなりジロジロ見られました(笑)