ベネチアのぼったくりと言われているレストランに行ってみた

先日ベネチアに行ってきました。

ベネチアといえば、先日もニュースになったように、ぼったくりで有名?です。

そこで、本当にぼったくりされるのか実験してみました。

今回行ったお店

今回行ったお店は、Al POGGIOというお店です。

トリップアドバイザーの口コミを見てみると、どうみてもぼったくりっぽい。

注意!絶対に入ってはいけないお店

ボラれましたorz

行ってはいけない最低の店

Al Poggio (ベネチア) の⼝コミ – トリップアドバイザー

ということで、行ってみます。

客引きがしつこい

お店の前にメニューが置いてあったので見ていると、お店の人がしつこく勧めてきます。

Japanese?などとしつこく言ってきますが、反応しないようにし、ペペロンチーノ(アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ)が食べたいと言って、お店の中に入ります。

メニューを注文

席に座り、ペペロンチーノとオレンジジュースを注文して待ちます。

初めにオレンジジュースがきて、その後にペペロンチーノがきました。
もちろん、いらないパンも一緒にテーブルに置かれるけど、これはどこも同じだからしょうがない。

普通においしい(見た目は…?)

食事が終わり会計へ

食べ終わったので、会計をするために請求書をお願いしました。

そして渡されたものがこれ。

COPERTO(テーブルチャージ)が2ユーロ、ペペロンチーノが8.5ユーロ、ジュース3.5ユーロ、そして、サービス料(12%)が1.5ユーロでした。合計15.5ユーロです。

サービス料がかかるほどの店なのかは疑問ですが、ぼったくりとまではいかない値段で済みました。

良かったなと安心してクレジットカードを出すと、事件が起きました。

クレジットカードが使えない

クレジットカードを出すと、使えないと言われました。なぜか聞いてみると、通信の問題が発生しているからと言ってくる。

現金を持っていないからというと、外のATMを指さします。慣れた手つきです。

夜にATMから現金を出金するのは絶対に嫌なので拒否してると、店員はあきらめたのか、決済端末を取り出し、操作を始めました。すると、普通に使えました。(クレジットカード会社への手数料を気にしてるのか?)

ぼったくりはされなかったけど

結局ぼったくりはされませんでした。ペペロンチーノとジュースしか頼んでいなかったので、ぼったくりしようがないのかもしれません。

ただし、他にもベネチアで2店舗評判の良いお店に行きましたが、そこではチャージ料は発生しませんでした。

ちなみに行ったお店は、Muro San StaeとOstaria Antico Doloというお店です。

ベネチアで食事に行くときはよく確認を

今回は、ぼったくりをされませんでしたが、ベネチアで食事に行くときは事前にインターネット上で評価などを確認することをお勧めします。